Updated Date: 2019-11-19 15:17:02

Changes between 2011-06-21 21:00:23 and 2011-06-21 21:02:52

+ added
- removed
Return to Change History.
  
  
  # I WAS BORN TO LOVE YOU.
  ### ~東日本大震災が私たちに語りかける“結婚”とは~
  
  聖徳大学人文学部女性キャリア学科 教授 島田 薫
  
  




  著者プロフィール

  1966年香蘭女学校英米文学専攻科卒業。石原慎太郎参議院議員秘書(当時)、TBSニュースキャスター、1991年から2年間ニューヨークに在住。聖徳大学助教授を経て、現職。専門は日本及び米国の女性労働問題、秘書教育、各国の結婚事情など。「米国における社内コンシェルジュ」(日本国際秘書学会研究年報)、「キャリア教育の試み」(聖徳大学紀要)、「I WAS BORN TO LOVE YOU.結婚に関する50の真実」(自由国民社)等の著作・論文あり。
  



  
  ### 9.11アメリカ同時多発テロ事件後のニューヨーク・マンハッタン
  


  2000年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件は、多くのニューヨーク市民を悲しみと恐怖のどん底へと陥れました。ただその後、ニューヨーク、特にマンハッタンに住む市民の間では今までにない大きな変化がありました。マンハッタンの女性というのは、みなスマートで、知的レベルも高く、まさに世界が憧れるセレブリティ。彼女たちの中には、その時々のパートナーと愛し合い、同棲しても、あえて結婚はしないという人生を選択する人々が大勢いました。その理由は、結婚にメリットを感じない、宗教的なことで結婚できない、夢が大きいからその程度の男とは結婚しないといったものまで、多種多様。そんなセレブたちに結婚するカップルが急激に増えたのです。私も一時期ニューヨークに住んでいたことがあり、マンハッタンセレブのマインドは肌感覚で理解していたので、それはとても大きな驚きでありました。
  


  
  ### 3.11東日本大震災後の日本
  


  2011年3月11日発生した東日本大震災。震災後の日本人にも大きな“Change”が表れていました。結婚相談所がどこも凄い混み具合なのです。これは正式な統計として発表されている数字ですが、30代男性の2人に1人は結婚していません。同様に、30代女性についてもおよそ30%が未婚です。これは地方との合算平均値であることから、都会ではより高い数字になるのではと思います。結婚しない、さまざまな事情からできないという人たちが大きく動いたのです。しかも、地震による揺れのあった関東だけでなく、全国的な現象として婚活が盛んになったのです。私の身近でも、とある企業のキャリアウーマンとして働く知人がいますが、お金に不自由することなく、男女問わず大勢の友人にも恵まれ、したたかに、自由に生きてきたそんな彼女が突然、結婚したいと相談してきたのです。今まで自分で何でもやってきたけれど、あの地震に遭遇して、とにかく怖かった、不安にいたたまれず誰かに頼りたくなったと告白していました。おそらく誰もが大なり小なり、大震災を経て心理的な変化があったのではと思います。
  


  ### 生き残った私たちが犠牲者から受け継ぐ使命とは
  


  今回の大震災では、3万人を超える多くの方々が亡くなられました。生き残った私たちは、震災による犠牲者から多くを学ばなければならないと思います。一番大事なことは、命について考えることではないでしょうか。自分の両親が愛し合わなければ生まれてこなかった、さらには、その祖父母が愛し合わなければ、存在すらしない。まさに奇跡のように命を繋いできたのです。また、亡くなられた方は運がなく、生き残った者は運がよいのではなく、いずれ誰もが死を迎える中で、“誰かの為に生きよう”と思い改める好機なのです。この国があまりにも豊かになり過ぎたがため、欲望過多となり、どこかに置き忘れてきてしまった“誰かの為に生きよう”という思い。そのことに気がつかせてくれた今回の震災とは、まさに神の業ではないかと思うのです。決して神の怒りではなく、ただ“気がついて…”というメッセージとして。贅沢したい、幸せにしてもらおう、あまりにもそういう女性が多すぎたからこそ、相手を幸せにしてあげたいという、優しく、淑やかな日本人女性としての良さはそのままに、経済的にも精神的にも自立し自活できる、賢くて心の強い、そんな女性になってもらいたいと強く願っています。