Updated Date: 2019-07-19 13:01:18

Changes between 2012-10-31 13:39:10 and 2012-10-31 13:48:59

+ added
- removed
Return to Change History.
  
  
  # Press Release 2012年10月23日
  

  聖徳大学短期大学部 総合文化学科
  

  
  - 産学連携により学生がメロンパンを開発しました。
  - 聖徳ブランドの商品「ときめく♡メロンパン」として一般に販売します。
  - 授業の一環として、実践力を育成。
  
  ## 概要
  
  聖徳大学は、カフェ・カンパニー株式会社(以下カフェ・カンパニー)、JA千葉と連携して、千葉県産の米粉とメロンを使ったメロンパンを共同開発しました。11月3日~4日の両日、千葉県松戸市の聖徳大学で開催される学園祭「聖徳祭」に併設される「千産千商2012 in聖徳祭」で、商品名「ときめく♡メロンパン」として一般に販売します。また、カフェ・カンパニーでは今後、高速道路(館山道)のSA「市原サービスエリア」上り線にある同社経営のカフェショップ「ワイアードカフェでも、聖徳ブランドの商品名「ときめく♡メロンパン」として、期間限定で販売することになっています。
  
  ## 内容
  
  3社が共同開発しましたメロンパン「ときめく♡メロンパン」は、千葉県産の米粉を25%使ったメロンパンです。また東日本大震災で被災地となった千葉県飯岡産のメロンを使って風味を出しています。
  
  JA千葉から米粉などの材料の支給を受け、聖徳大学短期大学部総合文化学科・製菓ブランチの学生が授業の一環として開発・製作し、カフェ・カンパニーが販売するものです。
  「千産千商2012 in聖徳祭」では、3日、4日の両日とも、大学内の施設を使って学生が制作し、キャンパスに設けられたカフェ・カンパニーのブースで学生が販売します。販売価格は1個120円で、品質レベルが同等の市販メロンパンより30%程度安く設定しています。販売数量は3日が600個、4日が400個を予定しています。
  
  今回の3社の連携は、教育カリキュラムの中で実践的な能力の育成を目指す聖徳大学短期大学部総合文化学科が、産学連携協定を結んでいる千葉興業銀行の仲介で、大学の教育方針に賛同したカフェ・カンパニーと連携し、さらにJA千葉の材料支給に関する協力を受けて成立したものです。
  
  「千産千商2012 in聖徳祭」は、聖徳大学総合文化学科と千葉興業銀行が千葉県の産業振興などを目的に2010年(平成22年)に結んだ産学連携協定に基づいて、大学祭に併設して行われているもので、今年で3回目です。今回は、千葉県産農産物や県内で加工・製造・販売している「おいしい食べもの」を展示・試食・販売することになっています。参加企業は以下の通りです。
  
  * ニッポー 株式会社(鎌ヶ谷市)
  * 有限会社 まきの(船橋市)
  * 株式会社 石井大一商店(市川市)
  * 木更津袖ヶ浦熱帯花き果樹研究会・熱帯村
  * 株式会社 千葉測器
  * ジャパンフーズ 株式会社
  * 株式会社 カフェ・カンパニー
  * 株式会社 興真牛乳
  * 有限会社 清寿司
  
  *カフェ・カンパニー(本社=東京都渋谷区神宮前5-27-8、社長・楠本修二郎氏)は、都市・商業企画プロデュース事業、設計・業態開発プロデュース事業、コミュニティチェーン事業、プロモーション事業、コーヒーショップなどの直営店事業を行う創造的企画事業会社です。「ワイアードカフェ」の名称で、都市部を中心に多くのカフェショップを持ち、急成長しています。
  
  1)メロンパンなどの制作
  


  2)制作したメロンパン
  


  なお、この件に関するお問い合わせは、聖徳大学短期大学部総合文化学科の野中までお願いいたします。
  
  ### 問い合せ先
  聖徳大学短期大学部総合文化学科 ℡:047-365-1111(内線5408 担当:野中博史)