Updated Date: 2019-10-28 14:00:52
Diff with the latest version.
Based on the editing of this edition.
Back to the editing history.

ブランチ・エッセイ

文芸・編集

### 2011-06-23

『うつほ物語』(平安時代の長編物語)の主要登場人物の一人である「忠こそ」は、「あて宮」という美しい姫君を垣間見て、彼女を好きになります。あて宮が、父・源正頼や一族とともに春日大社に参詣した折のことでした。

忠こそは、あて宮に恋するあまり、散り落ちる桜の花びらに、爪もとから血を滴らせて、歌を書きつけます。

憂き世とて 入りぬる山を ありながら いかにせよとか 今もわびしき

そして、その花びらをあて宮がいる所の後ろのほうに、押して張りつけて立ち去ったのでした。

自分の血で歌を書きつけた行為にまず驚きますし、あの小さな桜の花びらに一字一字書きつけたのでしょうか。それとも一枚の花びらに三十一文字を書きつけたのでしょうか。

もし、あなたがあて宮だったらどうでしょう。舞い落ちる桜の花びらに歌を書きつけることはとても風流だけど、血を滴らせたものだとなると…。

でも、それほど、忠こそは、あて宮に強く心を惹かれたのですね。

(し)

◇室城秀之・編『うつほ物語』(角川ソフィア文庫)79頁

Editor: 山下 伸夫
Updated Date: 2011-06-23 01:02:56