Updated Date: 2019-10-07 11:31:37

Changes since 2011-06-23 01:03:12.

+ added
- removed
Return to Change History.


  # ブランチ・エッセイ
  
+ 各ブランチ教員によるエッセイ、ブログ、記事、論文を連載します(定期のものも、不定期のものもあります)。
- ## [文芸・編集]()

  
+ - [文芸・編集](/kestrel/ブランチ・エッセイ/文芸・編集)
+  - 「[高校生・短大生のための古典入門](/kestrel/ブランチ・エッセイ/文芸・編集)」
+  - 「[希望の芽を育む]()」によせて
+  - [ひとりだち]() 碁石雅利
+  - [風評に惑わされない合理的思考の育成]() 野中博史
+  - [奇跡の一本松]() 正道寺康子
+ - [製菓](/kestrel/ブランチ・エッセイ/製菓)
+ - [ITコミュニケーション](/kestrel/ブランチ・エッセイ/ITコミュニケーション)
+ - [ファッション](/kestrel/ブランチ・エッセイ/ファッション)
- ### 2011-06-23

- 『うつほ物語』(平安時代の長編物語)の主要登場人物の一人である「忠こそ」は、「あて宮」という美しい姫君を垣間見て、彼女を好きになります。あて宮が、父・源正頼や一族とともに春日大社に参詣した折のことでした。

- 忠こそは、あて宮に恋するあまり、散り落ちる桜の花びらに、爪もとから血を滴らせて、歌を書きつけます。

- > 憂き世とて 入りぬる山を ありながら いかにせよとか 今もわびしき

- そして、その花びらをあて宮がいる所の後ろのほうに、押して張りつけて立ち去ったのでした。

- 自分の血で歌を書きつけた行為にまず驚きますし、あの小さな桜の花びらに一字一字書きつけたのでしょうか。それとも一枚の花びらに三十一文字を書きつけたのでしょうか。

- もし、あなたがあて宮だったらどうでしょう。舞い落ちる桜の花びらに歌を書きつけることはとても風流だけど、血を滴らせたものだとなると…。

- でも、それほど、忠こそは、あて宮に強く心を惹かれたのですね。

- (し)

- ◇室城秀之・編『うつほ物語』(角川ソフィア文庫)79頁