Updated Date: 2019-05-16 10:27:33

ディジタルのこつ

言葉と基本的な考え方

情報とデータ

情報とデータは区別しよう.

情報とは,誰かにとっての関心事,問題を解決するために役立つなにか. 関心のないことは情報ではありません. つまり,1つのことが,だれが受け取り手か,あるいは,受け取り手の状況によって情報であったり情報でなかったりします.

データとは,情報を伝達したり,解釈したり,処理したりするのに適するように符号化したものをいいます. データそのものは符号列にすぎません. 情報をよみとる手段や技能をもたないとデータは何の役にも立ちません.

アプリ

アプリケーションプログラム(応用プログラム)のこと.

データを情報に変えてユーザーに提示したり,ユーザーがだれかに伝えたい情報をデータにして保存したり,伝達したりします.

ファイル

データの塊に,他のものと区別するために名前を付けたもの.

ファイルシステム

ファイルの名付け方のを決めているもの.多くの場合,分類や整理しやすいように階層構造になっています.階層構造はファイルを含むファイル(フォルダとかディレクトリ)という入れ子構造の特殊なファイルを使って実現されています.

リテラシー

昔は「よみ・かき・そろばん」といいました. 今なら「よみ・かき・プログラミング」でしょうか.

テキストとドキュメント

文字で表現されたデータのことをテキストデータといいます. 「テキスト」はいろいろな意味で使われますが,「テキストデータ」という言い方をしたときは,文字のみで表現されたデータのことです. 「ドキュメント」は何らかのアプリを使って読むことのできる形式で表現された文書のことをいいます.

Editor: 山下 伸夫
Updated Date: 2016-06-12 10:44:12