Updated Date: 2017-09-27 14:46:17

観光・ホテルブランチ

旅行会社や運輸関係、航空・空港関係への就職をめざし、旅行業務全般について深く学びます。

国内旅行業務取扱管理者試験・合格体験記

特色と学びの領域

  • 観光や旅行、ホテルに関する基礎的な知識と技能を2年間で集中して学ぶブランチです。
  • カリキュラムには観光英会話やツアープランニングなど、実社会に出てから直ぐに役立つ科目が多いのも特色です。さらに旅行業務取り扱い主任者試験(国家試験)の受験に必要な科目もすべて含まれているので、取得を目指す人にとても有利です。
  • 帝国ホテルなど都内一流ホテルで実務を模擬体験できる「ホテル実習」や、サービス業に求められる豊かな人間性を養う科目が開講されています。

取得できる資格・検定

  • 旅行業務取扱管理者試験
  • 秘書士
  • ビジネスキーボード認定試験
  • 日本語文書技能(日商文書技能)検定

主な専門科目の概要

観光英会話

海外旅行に関する英会話を学びます。出国から帰国までの流れをビデオ教材などを使って学習したのち、旅行に関する用語や表現をマスターします。実際の場面に即して使いこなせるようにスキルアップを図ります。

ホテル実習

4日間の集中講義。都内の一流ホテルを見学して実務についての講義を受けた後、帝国ホテルに宿泊してホテル業務の実際を学びます。デーブルマナー、ハウスキーピング、ベッドメーキング等の実技を体験する他、ホテルスタッフの講義・指導を受けます。

ホテル業務論

日本のホテル産業の現状と今後の展望、世界のホテル業界の流れ、国際ホテル・チェーンの概要などについて、全体像を学びます。その後ホテルの組織、職種、利用法などの他具体的な業務内容について講義します。

観光実務(国内)

国内のJRを中心とした鉄道、航空、バス、フェリー等各種の運輸機関についての仕組みと運賃、旅館、ホテルの仕組みと宿泊料金などについて学びます。旅行業務取扱管理者試験(国家試験)対策も行います。

カリキュラム紹介

ブランチキャラクタ

エッセイ

希望の芽を育む」によせて.

Editor: 田中 直子
Updated Date: 2016-06-07 13:28:20